「群れない・慣れない・頼らない」

数年前・・・本屋さんで父に薦められ、手にした本。

「ひとりで生きる」

なんとも勇ましいタイトル・・・(笑)

と、思ったのが素直な気持ち・・・。

でも、

言葉の力にどんどん吸い込まれ、

彼女の凛とした素晴らしい人生に、

めちゃめちゃ感動してしまった。

「群れない、慣れない、頼らない」

これも彼女の代表的な言葉のひとつ。

それから、ずっと大好きな人。

著書・日本画家・堀文子さん。

『生きる』誇りと感動、品格と女性らしさ。

そして欠かせない・・・美しいアートの日々。

年齢を知り、さらに驚いたことを思い出す。

今年2月、100歳で亡くなられた。

8月5日の北日本新聞。

大好きな堀文子さん。

ご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする