『Pendulum』

20141106_3

空間固定点から吊るされ、揺れを繰り返す物体。

そう…『振り子』

夢…

真空パックされた、『振り子』

支点での摩擦や空気抵抗の無い理想の環境では永久に揺れ続ける。

永遠に揺れ続ける・振り子をこの目で見てみたい。

振り子を見ていると…

equilibrium position

平衡位置・現在を基としながら、
過去・未来を行き来する三世の生命を思う。

揺れの幅が小さければ、過去・現在・未来を一瞬にして行き来できる。

自分とは…生命とは…宇宙とは…
生まれてこのかた、一度は考える命題。

生命の揺れ幅…

神、仏、菩薩、天、人…六道輪廻…

全てを網羅するのが生命。

如何に四聖の境涯に己を留置くか…

六道輪廻のドロドロの中で、もがいて・苦しんで・這い上がって…

振幅数を最小限に修正して…

そして…

『禅』…を・秘めて…

振り子の幅を小さく、コンパクトにまとめ…

大きく羽根を広げ…

神仏のご加護の下…菩薩の境涯を。

そんな…自分を…

夢は大きく膨らむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする